SM小説 女王様のお話

SMグッズ通販SM小説
ペニス責めはお好き?

SMグッズのお買い物はこちらからどうぞ⇒本格ペニス責めSMグッズ

[ペニス責めはお好き?それともアナルにバイブしちゃいます?]
尿道オナニー道具販売
ペニス責め道具 ペニスプラグや尿道ブジー

アナルプラグ
アナル責め道具 アナルプラグや浣腸器など



ペニスをギュッぅ!
真知子は、高級クラブでホステスとしてお勤め修行もしていた。
マネージャーの翔太が真知子に言った
「マチコさん、3番テーブルへ行ってね」
「はぁーい」
赤いミニのスカートがよく似合う。

「いらっしゃいませ。マチコと申します。よろしくお願い致します」
客の男「あ!真知子さん。」
マチコのSに、ブチッとスイッチが入った。が、ここは、我慢。
「たまーに、本当によく似た女性がいるって言われます。
どんな方なのかしら、気になるわ。」
男は、全てを飲み込んだ。

話題を変えようとした時、50才台のホステスが来た。
「私も、ご一緒させていただいてもよろしいでしょうか^^」

品よく、ゆったり時は流れた。

男をトイレに案内して、二人になった時、真知子に、S気分が突然湧き上がった。
「オレ以外の女と寝るだろ。」
「・・・」
「ペニス責めがお好きぃ?それともアナルにバイブしちゃいますぅ?って、言われると嬉しいのか?」
男のMが、はっきり目覚め、目が潤む
「いえ」

「どれ、見せて見ろ。
ここで、全裸にしてやろうか?金玉縛って、ひもぶらさげてやろうか!」
真知子はそう言って、M男の祐一が緩めたズボンから白い手を入れて、アナルに指を触れた。

「ん!お前、アナルプラグをしてるのか!オレの指よりいいのか?」
「いえ、」

「よし、分かった。店が終わったら、SMホテル付き合ってやる。おしおきだな!」
「ありがとうございます、女王様!」
「今夜は、オレの膣の中に、他の男の精子をたっぷり入れて、お前の精子も混ぜてやる!」
M男は、震えが来るくらい嬉しかった。

そして、真知子のことが好きかもしれないと思った瞬間、他の男と寝る真知子への嫉妬心がこみあがった。
「(結婚してもイイ。
お互いの快楽が続く間は、一緒に居ることができるだろう。
そうしている間に、今はまだ自分でもチラッとしか見えない別の愛情が、大きく育つかも知れない。)」

祐一が、尿道から尿をまだ出しているのに、真知子の手が爪を立てて、祐一のペニスをガチっと掴んだ。
「がぁうぉぉー」
小便が飛び散った。
「舐(な)めろ!」と小さな声で言いながら、生ぬるい小便で濡れて光る指を、祐一の口に突っ込んだ。
力がこもった指は、長い時間口の中で蠢いた。


本格SMグッズの通販のお手伝いもしています。
こちらでのお買い上げもどうぞよろしくお願い致します。

SMグッズ「ペニス・アナル」
[ペニス尿道へ挿入]
ヘーガル20cm尿道ブジー
ヘーガル20cm尿道ブジー 単品販売


[アナルディルド]
ゴールデンアナル
ゴールデンアナル



SMグッズ通販の本格ペニス責め具

-----------------
[SM小説 女王様のお話]
前のページへ SM小説 女王様のお話プロローグ

次のページへ レイプ?誘拐?01


[SMグッズ通販お店]
本格SMグッズならSMホテルの通販メニューへどうぞ


SMグッズ通販のSM小説このページトップへ
SM小説 女王様のお話「ペニス責め?それともアナル?」

SMグッズ通販表紙のページヘ
SMグッズ通販


SMグッズ商品に関するお問い合せは、各商品販売ページからお気軽に!